3DCADを導入する企業が得られる利点を知って導入の検討を



情報の共有化がしやすくなっている

CADを導入する場合、企業の中には3DCADを導入する企業が増えてきました。なぜ2Dではなく、3DCADを導入する企業が増えてきたのでしょうか。理由の一つとしては、2Dよりもわかりやすく視覚的に訴えかけられる資料を作れるメリットがあるからです。立体的な完成図を目の当たりにしたほうが、製造をするときのイメージがわきやすいといいます。自動車や化粧品、ファッションに至るまで物を製造する企業が率先して導入するようになりました。製品化する過程においてチームを結成する場合、完成させるまでにチーム全員が図面を見ることになります。2Dの場合は設計担当者がメインで分かるようになっていますが、3DCADであれば立体化した完成図を見ることができるため、チームで情報を共有しやすくなるのがメリットです。

製品完成までに問題点を発見して改善できる

実際に製品化したときに発生しやすい問題点を早めに予測できるのも、3DCADを導入するメリットです。3DCADでは完成したときの商品の体積や表面積だけではなく、重量や質量まで明らかになります。経費を抑えて製品化するための話し合いや、製品を軽量化及び小型化するためにはどうしたらいいのかミーティングで話し合い、改良を重ねてから製品化に取り組めるからです。問題点を先に明らかにすることができ、情報を共有することで、チーム全体で製品化に向けて取り組むことができます。さらに部品を組み合わせて製品を完成させるタイプの場合、組み合わせる前に3DCADで状況の確認ができるため、製品完成後の失敗が少ないです。

電気CADは、電気配線工事を専門としている地域の工務店や、電機メーカーの開発部門などで導入されるケースが増えています。

Related Post

リン酸処理工程で必要な消泡剤!その選び方とはリン酸処理工程で必要な消泡剤!その選び方とは



リン酸処理を行う理由 リン酸処理とは、金属の表面に化学的にリン酸塩皮膜を形成するための処理方法です。金属は素材によっては塗装を施さないとサビが発生してしまうため、塗装して表面を保護することにより、自動車や建材など様々なも […]