工事を行う仕事に就きたいと考えた時に取得すべき資格とは!



建築などの分野で役立つ資格とは!

就活生や転職を考えている皆さんの中には、建設などの工事現場で働くような仕事に就きたいと考えている人もいるのではないでしょうか。そのためには現場の仕事を学んだり、面接対策も大事ですが、取得しておくと便利な資格も覚えておくとよいでしょう。まずは、電気工事士という資格になります。建築現場には配線などの電気工事が伴うケースも多く、これがあると重宝します。受験資格が不要というのも、人気の要因になっています。試験内容は、筆記試験と作業用の工具を用いて配線をする実技試験があります。

次にあるとよいとされるのが、車両系建設機械運転技能者です。この資格があると、ブルドーザーなどの3トン以上の重量の建設機械の運転できます。こちらも特に受験資格が必要なく、学科と教習所での実技がクリアできれば取得できます。さらに、現場の安全のために消防設備士などを取得しておくのもよいでしょう。

リフォーム工事の分野でもあると便利な資格が!

また、最近流行りのリフォーム工事を取扱う職場への転職などを考えた時にも有利になるような資格があります。代表的なのが、CAD検定試験などの資格になります。最近では建築だけでなく、水回りや電気回路の分野でもCADがもちられることが多いため、CADの技術があると何かと重宝します。次に、工事担任者という資格もおすすめできます。これは、ネットワーク回線接続工事に必要な資格で、リフォームの際にネット環境を変えるなどする場合が多くなってきた現代向けのものといえます。

その他、造園施工管理技士やエクステリアプランナー、ハウスクリーニング検定などリフォーム工事の内容に応じた様々な資格があります。自分の目指す所をはっきりさせ、必要なものを明確にしましょう。

中古の建機のオークションは専用の会場を設けて実物を見てから落札をするタイプもありますが、近年はネットの普及によって専用のオークションサイトで画像で落札を判断するタイプも増えています。

Related Post

フランチャイズの意味とそのメリットとは?フランチャイズの意味とそのメリットとは?



フランチャイズとはどのような制度? 新たに飲食店などを経営する場合には、自分で店舗の設計から材料の仕入れまでをすべて行うという方法もありますが、それ以外にフランチャイズに加盟するというやり方もあります。このフランチャイズ […]

3DCADを導入する企業が得られる利点を知って導入の検討を3DCADを導入する企業が得られる利点を知って導入の検討を



情報の共有化がしやすくなっている CADを導入する場合、企業の中には3DCADを導入する企業が増えてきました。なぜ2Dではなく、3DCADを導入する企業が増えてきたのでしょうか。理由の一つとしては、2Dよりもわかりやすく […]